はじめまして!ピカリ直美です

プロフィール

ピカリ 直美(Naomi Picotte)

名前は本名です!父がアメリカ人なんですがフランス系の苗字です。
生年月日:1967年4月12日
血液型:A型
出身地:立川生まれの立川育ち
出身校:才能教育音楽学校 ピアノ科及びヴァイオリン科卒
音楽歴:ヴァイオリン:5才〜/ピアノ:2才〜/ヴィオラ:17歳〜
講師歴:20歳〜(30年経ちました!)
座右の銘:頑張らない!でもやるときはいつでも一生懸命!
好きな食べ物:十割ソバ(麺好きですが小麦粉アレルギー・涙)、めかぶ、ふきのとう、イナゴも食べれます!
嫌いな食べ物:ゴーヤ!(全然ダメ)
趣味:茶道(表千家 師範/30年やってます)、ゲーム大好き!(ドラクエ、モンハン)
好きなアーティスト:マキシム・ヴェンゲーロフ、ボリス・ベレゾフスキー
実は…:資格マニア!着付け・ケーキ・パン・料理・お茶・リトミック・セスナ(失効)

略歴

NHKホール、日本武道館、各国大使館での演奏を始め、テンチルドレンとしてアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ等数十カ国にて演奏旅行、ラジオ出演、テレビ出演など。
才能教育音楽学校(現国際スズキメソード音楽院) ピアノ科及びヴァイオリン科卒
日本唯一のダブルメジャーで師範科を卒業。ヴィオラマスターコース修了。
ピアノを杉田ひろ子・鈴木静子・片岡ハル子各氏に、ヴァイオリンを広瀬八朗・鈴木鎮一・豊田耕兒各氏に、室内楽・ヴィオラを豊田耕兒氏に、即興伴奏法を大城依子氏に師事。


(6歳頃:松本の夏期学校にて鈴木鎮一先生と)

ドイツ、韓国などでのスズキ・メソード国際大会の他、ブラジル、台湾をはじめ世界各地での
スズキメソードの指導者養成のワークショップに講師として招かれ、指導者及び生徒達の指導及び演奏。
国際スズキメソード音楽院で伴奏講師としてレッスンやコンサートでの伴奏。
堀佐和子(Pf)、桂綾子(Fl)と組んで「Trio Felice(トリオ フェリーチェ)」としてトリオ演奏会を開くなど、アンサンブルやオーケストラ、病院などでのロビーコンサートなどの活動も活発に行っている。
現在、スズキ・メソード公式伴奏者としてマスタークラスやレコーディングの伴奏活動の他、
自身が理事も務めるすみれの会専属ピアニストとしてドイツを中心にヨーロッパ各地で演奏。伴奏ピアニストとして室内楽・伴奏活動を積極的に行っている。
スズキ・メソード ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ指導者。
スズキ・メソード 0〜3歳児コース 麻布十番教室および所沢教室講師として、ピアノ伴奏やリトミックを交えた英語の歌などの指導をしている。
ダルクローズリトミック、リトミック研究センター、即興伴奏講座やアレクサンダーテクニークなど 多角的に音楽と音楽指導について研鑽を積む。

ごあいさつ

はじめまして!
スズキ・メソード ピカリ音楽教室の「なおみ先生」こと、ピカリ直美です。
ピアノ・ヴァイオリン・ヴィオラ、この3種類の楽器を立川・荻窪・吉祥寺・麻布十番の4つのお教室で、リトミックを交えた英語の歌を麻布十番教室と所沢教室(0〜3歳児コース)で教えています。

私が音楽をはじめたキッカケは父。日本の大学で英語を教えていたアメリカ人の父は教育学の専門で、「音楽教育は幼児に良い影響を与える」との考えで、スズキ・メソードで2才よりピアノ、5才よりヴァイオリンをはじめることになりました。(母は江戸っ子!)

いつの間にやら、音楽を教えはじめてから30年が経ちますが、教えるのが好きで楽しくてしょうがないです。
小さな「できた」を共有できたり、「できない」ことが「できる」ようになるのを見守るのは、とても幸せなことです。

また、私の指導のモットーは「毎日休まず 焦らず コツコツと最後までやり抜く力を育てる」ことですが、どの子もその子にあった伝え方・教え方がありますので、親御さんと共に子育てする気持ちで一人一人と真剣に向き合いながら、楽しいレッスンを心がけています。

ピカリ 直美